診療のご案内

訪問診療・往診とは住み慣れた場所で診療をお受けいただける「訪問診療」

訪問診療・往診・在宅医療は、外来・入院に次ぐ“第三の医療”です。

訪問診療・在宅医療は、外来・入院に次ぐ“第三の医療”です。継続的な医療が必要ながら通院が困難な方に対して、医師や看護師がご自宅や施設に訪問し、診療を行います。
「住み慣れた家で」「家族とともに」「自分らしく」そんな想いを実現する総合的な生活支援を行います。

突然熱が出たら?身体の状態が変化したら?

医療費について

医療費についてはPDFにてご覧いただけます。

対象となる方

  • 通院が困難で、訪問診療をご希望される方
  • がんや難病で、自宅での療養をご希望される方
  • 在宅緩和ケアや、自宅や施設での看取りをご希望される方(最終的にホスピス等の病院へ入院をご希望される場合でも構いません)

対応可能な医療内容の一例

(訪問看護ステーションや薬局等と連携して行います)

  • がん(ホスピス希望の方も可)
  • 難病(特定疾患や神経難病など)
  • 寝たきり、麻痺のある方
  • 障がいをお持ちの方
  • 認知症
  • 看取り
  • 注射、点滴等が必要な方
  • 中心静脈栄養、ポート
  • インスリン等の注射
  • 尿バルーンカテーテル
  • 腎ろう
  • 各種ドレーン留置中の方
  • 人工肛門
  • 喀痰吸引
  • 気管切開(カニューレ交換も行います)
  • 在宅酸素
  • 人工呼吸器(最初の設定や設定変更は原則として病院で行っていただきます)
  • 胃ろう(交換は病院にお願いしています)
  • 経鼻経管栄養(交換は病院にお願いしています)
  • 褥瘡(床ずれ)
  • 各種外科処置(形成外科医、外科医が在籍しています)
  • 医療用麻薬の使用
  • 持続皮下注射(医療用麻薬、鎮静剤)
  • 胸水、腹水の管理(場合により穿刺も行います)
  • 在宅赤血球輸血(病院にて、輸血中の状態が安定している方に限ります。)
  • その他(ご相談下さい)