トピックス & ニュース

平成28年4月からの医療費について

2016年04月13日 担当:緑・在宅クリニック

2年に1度行われる診療報酬改定により、本年4月より、医療費にご変更がありました。

大きく変更された点は、

「厚生労働大臣が定める状態」かどうかで、管理料が違ってくるという点です。

「厚生労働大臣が定める状態」とは、

/末期の悪性腫瘍/スモン/指定難病/後天性免疫不全症候群/脊髄損傷/真皮を超える褥瘡/

人工呼吸器使用/気管切開の要管理/気管カニューレ使用/ドレーンチューブ等使用/

人工肛門等の要管理/在宅自己腹膜灌流/在宅血液透析/在宅酸素療法/

在宅中心静脈栄養/在宅成分栄養経管栄養法/在宅自己導尿/

植込み型脳・脊髄電気刺激装置による疼痛管理/

携帯型精密輸液ポンプによるプロスタグランジンI2の投与/

に当てはまる状態のことです。

本年4月からの医療費の目安ですが、

厚生労働大臣が定める状態の方・・・月額 約7,500円(月2回の訪問診療、24時間対応体制の管理料)

上記以外の方・・・月額 約6,700円(月2回の訪問診療、24時間対応体制の管理料)

となっております。

その他、医学管理料が必要な場合は別途管理料等が発生いたします。

ご不明な点がございましたら、クリニックまでお問い合わせください。

お問合わせ

当クリニックでは、在宅医療導入に関するご相談を随時受け付けております。
診療・診察に関することで疑問や質問がございましたらお気軽にお問合わせください。
お電話もしくはメールフォームにてお問合わせいただくことが可能です。
下記をご確認のうえ、お問合わせください。

お電話

お問合わせ